なたにや正義

活動報告

安保法制関連ニュース(Vol.4)を配信します。

2015年08月03日

安保法制関連ニュース(Vol.4)を配信します。

本日の審議内容(礒崎補佐官の参考人招致)、なたにやのひと言、今後の予定を紹介しております。

ぜひご覧下さい!

 

なたにや正義「安保法制関連ニュース」2015-08-03_Vol.04

安保法制関連ニュースを配信します。

2015年07月28日

さて、皆様ご存じの通り、参議院でいよいよ安保法制の審議が始まりました。

なたにや正義は「我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会」のメンバーとなり、本日も審議に出席しております。

つきましては、当事務所より安保法制関連の審議状況、その他の情勢等をお知らせするニュースを作成いたしました。ご覧頂ければ幸いです。

 

このニュースは、委員会審議等が行われた後に随時配信する予定にしております。印刷して配布等、ご自由に活用して頂けますと幸いです。

ご意見・ご要望等がございましたら、下記のなたにや正義国会事務所までお寄せください。

廃案に向けてともにがんばりましょう!

 

なたにや正義「安保法制関連ニュース」2015-07-28_Vol.01

安保法制を審議する特別委のメンバーに

2015年07月27日

集団的自衛権行使を容認する安保関連2法案が、本日午後の参院本会議で趣旨説明・質疑が行われ、参議院での論戦が始まる予定となっています。

この安保法制を審議する参議院の我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会のメンバーとなりました。

審議を通じて安保法案の危険性をしっかり浮き彫りにしていきたいと思います。

また、国民の皆さんとともに廃案に向けて全力を上げてまいります。

 

特別委員会・委員一覧(参議院HP)

安保法案の強行採決に断固抗議します!

2015年07月15日

A9RF788_web

7月15日、安倍自公政権は衆議院の特別委員会で民主党など野党の反対を押し切って、政府提出の安保関連2法案の審議を打ち切り、強行採決しました。

 

安倍総理自らが「国民の理解が進んでいない」と答弁しておきながら、採決を強行したことは、国会軽視・国民軽視であり、議会制民主主義の破壊行為であると言わざるを得ません。

 

本日の愚行を絶対に許すわけにはいきません。

そして、この安保法案の廃案に向けての決意をあらたにしました。引き続き、国民の皆さんとともに廃案に向けて全力を上げてまいります。

参議院議員 那谷屋正義

 

20150715プレス民主号外安保法案強行採決抗議

20150715安倍政権の暴走をただす全国キャンペーンニュース第20号

皆さんと安保法案阻止にむけて頑張ります!

2015年07月15日

7月14日、日比谷野音で戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会主催の安全保障関連法案に反対する集会が開かれ、全国各地から2万人もの皆さんが参加されました。

私は川崎市教職員組合・憲法学習会での講演を終えて永田町に戻り、参議院議員面会所前でデモ行進に参加されていた皆さんを激励いたしました。

皆さんとともに法案成立の絶対阻止に向けて頑張ります!

 

IMG_3982_web

DSC_1315_web

文科部門会議(7/9)で発言

2015年07月09日

DSC_0010_web

7月9日の民主党文科部門会議で、私が提案した「教育現場におけるストレスチェックの導入」について取り上げて頂き、文部科学省からヒアリングを受けました。

管理体制の整備状況が高校に比べて小中学校が遅れている点と、文科省内に専門部署を設ける必要があるのではないか、と発言いたしました。

文科省からは、「調査を踏まえ通知を発出し、整備にむけて積極的に指導していく。専門部署については、機構改革後に一体的に取り組んでいく方針である」との発言がありました。

平成25年度のデータで、公立学校教育職員の病気求職者数は5,078人と大変高い水準にあります。
まずはこのストレスチェック制度の整備にむけた取り組みを進め、一人の休職者も出さないような抜本的な対策が必要です。

内閣委員会(7/2)で質問

2015年07月08日

DSC00017_web

7月2日の参議院内閣委員会で行われた、「国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案」の審議で質問を行いました。

この法案のうち、「学校教育法の特例」(公設民営学校設置)に関する部分について、義務教育段階において公教育を民間に委ねる懸念、教職員の労働条件等の懸念事項について、政府を質しました。

 

議事録の全文(PDF)はこちら

中継の動画(Youtube)はこちら

官製ワーキングプア議連総会で発言

2015年07月07日

DSC_0008_web

7月7日、「官製ワーキングプア」問題解決促進議員連盟・総会が参議院議員会館で開かれました。

総務省、文科省、厚労省から「公務職場に勤務する臨時・非常勤職員の現状と課題について」のヒアリングを受け、意見交換を行いました。

意見交換で私も発言し、教育現場での臨時・非常勤教職員の空白期間の問題について、「空白期間であっても業務をせざるをえない状況がある。この状態は明らかに違法行為を文科省が放置しているということ。文科省は空白期間をなくそうと本気で解決を図ろうとしているとは思えない」と文科省の対応について厳しく質しました。

臨時・非常勤教職員の皆さんや、公務職場で働く臨時職員の皆さんの処遇については問題山積であり、また機会を改めて政府側の取り組みを質す等、改善にむけた努力を続けていきます。

戦争をさせない1000人委員会の署名を提出!

2015年06月29日

IMG_3808_web IMG_3816_web

6月29日、衆議院議員会館前で戦争をさせない1000人委員会や関連の団体の皆さんが、「『集団的自衛権』行使容認の閣議決定の即時撤回を!戦争をさせない全国署名」として、全国で集められた約165万筆もの署名を代表して受け取りました。

集まった署名はトラックで運ばれ(写真)、同僚議員と手分けして衆参両院に提出。私はそのうち約8万筆を参議院へ提出しました。

引き続き、この戦争に荷担する法案の廃案に向けて、全国の皆さんと連携してしっかりととりくんで参ります。

 

全国退女教の怒りの声をお受けしました!

2015年06月22日

IMG_3740_web

6月22日、全国退職女性教職員の会・上田会長と、東京都退職女性教職員の会・北村会長が、私の事務所へお越し下さり、「憲法改悪を阻止し、『戦争ができる国づくり』を許さない署名」をお届け下さいました!

2ヶ月あまりで19,620筆もの署名をお集めになられたとのことで、皆さんのおとりくみに頭が下がる思いとともに、「この法案は絶対阻止しなければならない」とより一層、決意を新たにいたしました。

皆さんの怒りの声をしっかりとお受けして、この戦争に荷担する法案の廃案に向けて、全国の皆さんと連携してしっかりととりくんで参ります。

文教科学委員会(6/16)で質問

2015年06月19日

DSC00013_web

 

6月16日の参議院文教科学委員会で行われた、小中一貫教育を行う義務教育学校を制度化する「学校教育法等の一部を改正する法律案」の審議で質問を行いました。

学校現場におけるストレスチェック制度の実施、学びの節目の重要性、図書館行政、図書館協議会の役割・運営・設置等、マイナンバー法改正案、教員免許、免許更新制について、下村大臣、総務省の見解を質しました。

 

議事録の全文(PDF)はこちら

中継の動画(Youtube)はこちら

文教科学委員会(参考人質疑)(6/11)で質問

2015年06月18日

DSC00007_web

6月11日の参議院文教科学委員会で行われた、小中一貫教育を行う義務教育学校を制度化する「学校教育法等の一部を改正する法律案」の参考人質疑で質問を行いました。
義務教育学校を制度化する意図、教員の免許制度について、参考人の見解を伺いました。

 

議事録の全文(PDF)はこちら(那谷屋の発言部分は13頁からです。)

中継の動画(Youtube)はこちら

文教科学委員会(6/9)で質問

2015年06月17日

DSC00012_web

6月9日の参議院文教科学委員会で行われた、小中一貫教育を行う義務教育学校を制度化する「学校教育法等の一部を改正する法律案」の審議で質問を行いました。

義務教育学校を制度化する意図、教職員に対する負担軽減策、財務省財政制度等審議会「財政健全化計画等に関する建議」の教職員合理化「当然減」等について、下村大臣、宮下財務副大臣の見解を質しました。

 

議事録の全文(PDF)はこちら

中継の動画(Youtube)はこちら