なたにや正義

活動報告

現業職員部の皆さんと意見交換

2016年11月18日

%e5%86%99%e7%9c%9f

 

日教組・栄養教職員部の皆さんとの意見交換に引き続いて、 現業職員部の皆さんとも意見交換をさせて頂きました。

 

現業職員の皆さんは、地公法57条で「単純な労務に雇用される者」と位置付けられていることで、不安定な雇用環境におかれており、労働条件面など厳しい実状をたくさん聞かせて頂きました。

 

中でも、業務の民間委託がすすめられ、「職種転換・任用替え」を強いられている現状や、「単純な労務」とは言えないほど、多岐にわたる業務を担われていること等々についても聞かせて頂き、これは緊急に対応しなければならないと再認識いたしました。

 

やはり学校現業職員の皆さんを学校教育法・標準定数法などにしっかりと位置付け、学校用務員を「教育技能職員」と名称変更することが必要です。

 

安全・安心な学校運営のためにも学校現業職員の皆さんの処遇改善に向けて、今後もとりくんで参ります。

栄養教職員部の皆さんと意見交換

2016年11月18日

15068332_570850903110294_2774435672071915811_o

 

日教組・栄養教職員部の皆さんと意見交換をさせて頂きました。

 

ご出席の皆さんから、現場の実状をお聞きし、課題が山積していることを再認識いたしました。

 

学校給食の役割はますます重要となっていますが、学校給食の民間委託、PFI方式の導入や、給食センターの大型化等がすすみ、栄養教諭、学校栄養職員の皆さんの労働条件はますます厳しいものとなっています。

 

安全・安心な学校給食を提供して頂くためには、栄養教諭の配置拡大をはじめとする栄養教職員の定数、労働条件の改善は必要です。引き続きしっかりととりくんで参ります。

文教科学委員会で質問(11/17)

2016年11月17日

dsc02040_web

 

参議院文教科学委員会で質問に立ちました。

 

今国会からは文科委のメンバーではありませんが、教育公務員特例法等の一部を改正する法律案の質疑において、教員の研修制度や特別免許状に関する重要な改正案の審議が行われるので、無理を言って質問させて頂きました。

 

質問では、(1) 文科大臣が策定する「指針」、(2)各教育委員会が定める「指標」、(3)教員研修計画、(4)教職員の超勤問題、(5)教職員支援機構の業務、(6)小学校の英語の導入について、松野大臣、文科省を質しました。

 

現場出身の議員として、教員の皆さんの多忙化に拍車をかけないような研修制度となるよう、そして現場、校内での研修を「指標」によって縛られないように注文をつけさせて頂きました。
そして、やはり研修に気持ち良く出られるためには、「持ち授業時間数」の軽減、定数の改善が必要、と強調させて頂きました。

 

議事録(PDF)はこちら

中継の動画(YouTube)はこちら

教育関連23団体「教職員定数の改善を求める全国集会」に出席

2016年11月01日

img_4526

11月1日、星陵会館で行われた教育関連23団体主催の「次世代を担う子どもたち一人一人にきめ細やかな教育を実現するために教職員定数の改善を求める全国集会」に出席いたしました。

松野文科大臣、各党代表あいさつの後にご紹介頂きました。
引き続き、教職員の定数改善にむけてしっかりととりくんで参ります!

神教組、三教組の皆さんとインタビューで意見交換

2016年11月01日

img_4515_web img_4521_web

11月1日、三浦半島地区教組の組合員のお二人からインタビューをお受けしました。

インタビュー記事は神奈川県教職員組合の機関紙に掲載される予定で、議員を志したきっかけや、主権者教育、教育現場の多忙化解消にむけた活動、政治・理念等々、様々な事項にお答えさせて頂きました。

インタビューをお受けしたのですが、現場の皆さんと意見交換させて頂き、とても有意義な時間となりました。
神教組、三教組の皆さん、ありがとうございました。

 

日教組高知、北教組の皆さんが要請で来室

2016年11月01日

img_4499_web img_4510_web

11月1日、教職員定数改善を求める中央行動に参加されている日教組高知の岡田委員長と北教組の皆さんが私の事務所へ要請に来られました。

要請書を受け取り、今後もしっかり教育の諸課題の改善にむけて皆さんと一緒にととりくむことをお約束いたしました。

日教組・教職員定数改善を求める中央行動意思統一集会であいさつ

2016年11月01日

dsc_0087_20161101135801215

11月1日、参議院議員会館で行われた日教組の教職員定数改善を求める中央行動意思統一集会に出席しました。

神本議員、斎藤議員とともに出席し、あいさつで日頃のご支援に対する御礼と、子どもたちのため、教職員のため、教育のために教職員定数の改善に向けて一緒に頑張ることを再度お誓いいたしました。

民進党北海道教育問題懇談会であいさつ

2016年11月01日

dsc_0084
11月1日、参議院議員会館内で行われた民進党北海道教育問題懇談会に出席しました。
北教組の皆さんから、子どもの貧困解消と就学保障の充実、少人数学級の実現をめざす教職員定数改善、義務教育費国庫負担1/2復元など、教育予算拡充の要望をお聞きしました。
また現場からの要請では、教育現場の超勤多忙化の実態等についてもお聞きし、多忙化解消にむけてとりくむ決意を新たにいたしました。

部落解放・人権政策確立要求第2次中央集会に参加

2016年10月27日

img_4497_web

10月27日、都内で行われた部落解放・人権政策確立要求第2次中央集会に参加し、壇上でご紹介いただきました。

民進党・福山哲郎議員が代表してあいさつし、明日より衆議院法務委員会で「部落差別の解消の推進に関する法律案」が審議入りする予定となっていることなどが報告されました。

部落差別の解消、深刻な人権侵害をなくすためにも、この法案の成立は必要です。今国会で成立するように私もしっかりととりくんでまいります。

ドゥテルテ・フィリピン大統領と懇談

2016年10月26日

css_3057_webcss_2996_web css_3023_web

10月26日、来日中のロドリゴ・ドゥテルテ・フィリピン共和国大統領と、日本・フィリピン友好議員連盟(超党派)との懇談会があり、私も参加いたしました。

大統領と握手もさせて頂き、 気さくなお人柄に大変感銘を受けました。

湘南教組2016闘争委員会であいさつ

2016年10月21日

dsc_0106_web

 

10月21日、午前中の国会日程を終えて、藤沢で行われている湘南教組2016闘争委員会であいさつさせて頂きました。

 

日頃のご支援に対する御礼と教育現場の多忙化解消など山積する教育課題の改善に向けて、皆さんとともにしっかりととりくむことをお約束しました。

日ソ共同宣言60年記念の集いに参加

2016年10月19日

dsc_0099

10月19日、衆議院議員会館で行われた「日ソ共同宣言」60年記念の集いに参加しました。

 

10月19日は日ソ共同宣言が調印されてからちょうど60年となり、日ソの国交が回復し、シベリア抑留者の最終帰還が実現した日でもあります。

 

しかしながらシベリア抑留の実態解明も道半ばであり、遺骨の収集も半数以上が収集されていない状況です。
私は党シベリア議連の事務局長として日頃より活動させて頂いておりますが、一刻も早い解決に向けての答えを見いだすことがわれわれの使命だと思っています。

 

引き続きしっかりととりくんで参ります。

 

いのち神奈川の要望行動に同席

2016年10月17日

dsc_0098

本日はいのち神奈川「ふくしまっ子自然体験・交流活動支援事業」要望行動に同席しています。

福島で生活する子ども達を毎年夏休みに神奈川県内に招待し、自然の中でのびのびと過ごしてもらう為の活動をされている団体の皆さんが、文科省、厚労省、環境省、復興庁に対して要望を伝え、改善に向けてとりくまれている行動の一環で、私も同席し意見交換をさせて頂きました。

日退教16年度・第22回組織活動交流集会であいさつ

2016年10月13日

img_4492_web


10月13日、都内で行われた日退教(日本退職教職員協議会)16年度・第22回組織活動交流集会であいさつさせて頂きました。

あいさつでは、夏の参院選でのご支援の御礼、これまでの臨時国会の報告をさせて頂きました。
特に昨日も衆院予算委で議論となりましたが、年金支給額が大きく引き下げられる可能性のあるいわゆる「年金カット法案」について、大変問題のある制度「改悪」であり、ますます安倍政権が危険な方向に進んでいる現状を報告いたしました。

国民の生活など全く無関心の安倍政権に対して、しっかりと国会で追及することをお誓いしました。

国会REPORT [2016年5月]を作成しました。

2016年05月25日

Report_201605_web

 

日頃の活動の一部をご紹介する「国会REPORT [2016年5月]」を作成しました。

 

郵送でお送りいたしますので、ご希望の方はこちらから、なたにや事務所へご連絡下さい。

 

【なたにや正義・国会REPORT [2016年5月]】

 内容:[表] なたにや正義からのごあいさつ

      「[熊本地震]被災された皆さまに寄り添った支援にとりくみます」

 [裏] 4/19文教科学委員会で質問

    なたにや正義の活動記録(抜粋・写真でご紹介)

    参議院選挙制度のしくみ(比例代表)

文教科学委員会で質問(4/19)

2016年04月19日

4/19文教科学委員会

 

4月19日(火)に行われた参議院文教科学委員会で質問を行いました。

国立大学法人法の一部改正案の審議でしたが、まず冒頭に14日に新聞等で報道された「35人以下学級を小学2年生にまで拡大することに財務、文科省が合意した」という件について、岡田・財務副大臣、馳・文科大臣を質しました。

その後、「指定国立大学法人」のメリット、国立大学間での教育格差、地域間格差につながるおそれや、規制緩和される大学法人に対する寄付金等の資金運用時のリスク等についての見解や方針を質しました。

議事録(PDF)はこちら
中継の動画(YouTube)はこちら

党シベリア議連を開催

2016年04月18日

ph0160530

 

4月18日、民進党シベリア議連(戦後強制抑留者問題解決促進議員連盟)の第1回総会を参議院議員会館で開催しました。

 

長妻会長をはじめ、衆参議員など計20名が出席、厚労省から(1)平成28年度抑留者関係予算、(2)抑留者の実態解明の進捗状況、についてのヒアリングを受け、意見交換を行いました。

 

出席議員からは「名簿の開示にむけてロシアへの働きかけを強く行うべき」といった意見や、DNA鑑定の実施状況・方法などについて質問が出されました。私からは「記録を精査して、抑留者の皆さんの足取りがきちんとわかるように、具体的な数字をわかりやすく資料として提示して欲しい」と要請いたしました。

 

また、この日は1991年にゴルバチョフ・ソ連大統領(当時)が来日した際に初めて公式に死亡者名簿を手交し、「日ソ捕虜・収容所協定」が締結された日でもあり、午後に衆議院議員会館でそれを記念した集いも開催されることもご紹介いたしました。

 

今後も戦後強制抑留者の問題解決にむけて粘り強くとりくんでまいります。

19日の文教科学委員会で質問します!

2016年04月18日

明日、4月19日(火)に行われる参議院文教科学委員会で質問に立つ予定です。

質疑の模様はインターネットでのみ中継されますので、是非ご覧ください。

 

日時:4月19日(火) 10時20分頃から10時44分頃まで(24分程度)

内容:国立大学法人法の一部を改正する法律案・質疑

質問項目:

1.35人以下学級を小学2年生に拡大する件について【文科省、財務省】

(義務教育標準法の改正について)

2.「指定国立大学法人」のメリットについて【文科省】

(国立大学間での教育格差、地域間格差について)

3.「世界最高水準」の基準について【文科省】

4.商業主義、成果主義へ偏重について【文科省】

5.資金の運用のリスクについて【文科省】

 

参議院インターネット中継:http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

 

国会議事堂

【熊本地震】被災された皆様へ

2016年04月15日

昨晩、熊本県で震度7を観測した地震が発生いたしました。

お亡くなりになった皆様に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

そして被害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

 

今回の地震で家屋や建物などにも甚大な被害が出ていますが、まずは人命救助、生活支援・サポートに万全を尽くして頂くようとりくんでまいります。

民進党は昨晩の発生直後に、岡田代表を本部長に熊本地方地震災害対策本部を設置し、政府、熊本県等から被害状況の把握や情報収集に努めています。

 

今後もしばらくの間は強い余震が続く可能性もありますので、熊本をはじめ九州近県の皆様はくれぐれもお気をつけ下さい。

被災された皆様が一日も早く普段通りの生活に戻れますように私もしっかりととりくんでまいります。

 

参議院議員 なたにや正義

文教科学委員会で質問(3/23)

2016年03月23日

3/23文教科学委員会・質問

 

3月23日(水)に行われた参議院文教科学委員会で質問を行いました。

 

「平成二十八年度一般会計予算(衆議院送付)、平成二十八年度特別会計予算(衆議院送付)、平成二十八年度政府関係機関予算(衆議院送付)」(文部科学省所管)の委嘱審査で、野球賭博、声出しの問題、教育予算、学校現場の現状、学校現場の多忙化解消(主に給特法)、養護教諭・栄養教諭等の予算等について、馳・文科大臣、中西・財務大臣政務官に対して、見解や方針を質しました。

 

議事録の全文(PDF)はこちら

中継の動画(YouTube)はこちら