なたにや正義

活動報告

[新年のご挨拶]今こそ真の教育改革を実現しよう!

2021年01月01日

新年明けましておめでとうございます。

日頃からのご支援、ご指導に感謝するとともに、新しい年が、皆さまにとって素晴らしい1年になりますことを心からご祈念申し上げます。

昨年は、新型コロナウィルス感染症対策に明け暮れた一年でした。そんな中で学校現場の皆さまにとっては、学校の働き方改革の声も空しく、逆に多忙化に拍車がかかった年となってしまいました。子どもたちの健康と安全、学習の場の保障にご尽力されていることに心から敬意と感謝を申し上げます。

年が明けてからもこの問題は収束の見通しが立っておりませんが、ウィズコロナ、アフターコロナを見据えて、しっかりと対策が講じられるよう国会で論議を尽くしてまいります。

菅政権が発足して初の臨時国会はわずか41日間で幕が閉じられました。感染症対策、安倍前政権のつけをはじめとする政治とカネの問題など山積する課題と正面から向き合わない新政権は、これまでと何ら変わりはありません。

度重なる多額の補正予算も真に国民生活、そして子どもたちの学びの場の確保にとってはあまり役立っていません。これまでの教育政策がいかに打算的なものであったかが浮き彫りになっています。

少人数学級の実現と現場の実態に応じた加配措置、教職員の働き方改革、教員の養成・採用・研修制度と教員免許更新制度の見直しなど、魅力ある学校の職場づくりに向けて必要な予算の確保等、今こそ抜本的な見直しが求められています。

学校現場からの真の教育改革の実現に向けて今年も全力でとりくみます。今後とも皆さま方のご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

ともに頑張りましょう!

参議院議員 那谷屋正義