なたにや正義

活動報告

離党にあたってのごあいさつ

2018年05月07日

日頃より温かいご支援を賜り厚く御礼を申し上げます。
また、民進党の党員、サポーターとしてお支え頂いた皆様におかれましては、重ねて御礼を申し上げます。

本日、私は民進党へ離党届を提出し、立憲民主党へ入党届を提出いたしました。
これまで安倍一強政権に対抗しうる出来るだけ大きな勢力を結集するために邁進して参りましたが、この期に私の政策理念とより合致する立憲民主党への移行を選択し、新党には加わらないことを決断いたしました。
活動の場は立憲民主党に移りますが、これからも安倍政権に対峙するための大きな塊を創り上げるために、微力ながら活動を続けて参る決意です。

そして教育現場の代表として、子どもたちに輝く未来を築くため、子ども・学校現場の実態をふまえた教育改革と、すべての子どもたちにゆたかな学びと育ちを保障する教育政策を実現するため、今後もとりくんでまいります。

原発に依存しない社会を実現し、「教え子を再び戦場に送るな!」の不滅のスローガンのもと、戦後守り続けてきた平和憲法を守り、立憲主義、民主主義を守るため、仲間とともに活動を強化して参ります。

皆様におかれましては、この度の私の決断に関しまして、何卒ご理解を頂き、今後ともご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2018年5月7日
参議院議員 那谷屋正義