なたにや正義

活動報告

文教科学委員会で質問(11/17)

2016年11月17日

dsc02040_web

 

参議院文教科学委員会で質問に立ちました。

 

今国会からは文科委のメンバーではありませんが、教育公務員特例法等の一部を改正する法律案の質疑において、教員の研修制度や特別免許状に関する重要な改正案の審議が行われるので、無理を言って質問させて頂きました。

 

質問では、(1) 文科大臣が策定する「指針」、(2)各教育委員会が定める「指標」、(3)教員研修計画、(4)教職員の超勤問題、(5)教職員支援機構の業務、(6)小学校の英語の導入について、松野大臣、文科省を質しました。

 

現場出身の議員として、教員の皆さんの多忙化に拍車をかけないような研修制度となるよう、そして現場、校内での研修を「指標」によって縛られないように注文をつけさせて頂きました。
そして、やはり研修に気持ち良く出られるためには、「持ち授業時間数」の軽減、定数の改善が必要、と強調させて頂きました。

 

議事録(PDF)はこちら

中継の動画(YouTube)はこちら