なたにや正義

活動報告

党シベリア議連を開催

2016年04月18日

ph0160530

 

4月18日、民進党シベリア議連(戦後強制抑留者問題解決促進議員連盟)の第1回総会を参議院議員会館で開催しました。

 

長妻会長をはじめ、衆参議員など計20名が出席、厚労省から(1)平成28年度抑留者関係予算、(2)抑留者の実態解明の進捗状況、についてのヒアリングを受け、意見交換を行いました。

 

出席議員からは「名簿の開示にむけてロシアへの働きかけを強く行うべき」といった意見や、DNA鑑定の実施状況・方法などについて質問が出されました。私からは「記録を精査して、抑留者の皆さんの足取りがきちんとわかるように、具体的な数字をわかりやすく資料として提示して欲しい」と要請いたしました。

 

また、この日は1991年にゴルバチョフ・ソ連大統領(当時)が来日した際に初めて公式に死亡者名簿を手交し、「日ソ捕虜・収容所協定」が締結された日でもあり、午後に衆議院議員会館でそれを記念した集いも開催されることもご紹介いたしました。

 

今後も戦後強制抑留者の問題解決にむけて粘り強くとりくんでまいります。