なたにや正義

活動報告

文科部門会議(7/9)で発言

2015年07月09日

DSC_0010_web

7月9日の民主党文科部門会議で、私が提案した「教育現場におけるストレスチェックの導入」について取り上げて頂き、文部科学省からヒアリングを受けました。

管理体制の整備状況が高校に比べて小中学校が遅れている点と、文科省内に専門部署を設ける必要があるのではないか、と発言いたしました。

文科省からは、「調査を踏まえ通知を発出し、整備にむけて積極的に指導していく。専門部署については、機構改革後に一体的に取り組んでいく方針である」との発言がありました。

平成25年度のデータで、公立学校教育職員の病気求職者数は5,078人と大変高い水準にあります。
まずはこのストレスチェック制度の整備にむけた取り組みを進め、一人の休職者も出さないような抜本的な対策が必要です。