なたにや正義

活動報告

歴史に残る選挙に必ず参加を

2013年07月15日

国会議事堂

 

第23回参議院議員選挙もいよいよ終盤戦となりました。

今回の選挙は、大きな岐路に立たされた日本の針路を問う重要な選挙であり、日本の歴史に大きな変換をもたらす可能性のある選挙です。

一部の財界人を「国家」と称し、その発展のためには、多くの国民の多少の犠牲はやむを得ない政策をとる政府自民党と、それとは全く真逆の一人ひとり の国民の暮らしを第一に考え、「国家」はそのためにあるものだとする民主党のどちらを選択するか、まさに民主主義の危機が迫る選挙です。

だからこそ有権者の皆さまにぜひ参加をしていただきたい、棄権は無言のうちに現状を是とするものになることを肝に命じてほしいところです。

自民党の原発、TPP、雇用、社会保障、教育そして憲法改正に係る考え方は、とても個々の人間の尊厳を大事にしたものとは言えません。

この流れに、アベノミクスと称する大濁流にブレーキをかけることができるのは、国民一人一人の1票の積み重ねです。必ず投票をしていただくようにお願いいたします。