なたにや正義

活動報告

思い一つに、『2020 オリンピック・パラリンピック東京』成功へ

2013年09月15日

日本の歴史にまた大きく残る出来事、2020年オリンピック・パラリンピック開催予定地が、東京に決定されました。招致に向けてご尽力された皆さまに心からお祝いを申し上げます。

結果が出るまでに、友人からのメールでは、「イスタンブール(トルコ)と決戦になったら譲るべきではないか。それが昨今近隣諸国をはじめとするアジ ア諸国との軋轢をなくす機会になるかもしれない。」とか、「放射能を案ずる人々に対して"東京は安全だ"と言い切る総理をはじめとする関係者の発言は、福 島の人々へのおもいやりに欠ける」等の直言をして下さる方など、さまざまな意見を頂戴しました。

東京開催が決定した今、「『復興日本』を世界」にという位置付けにふさわしい、世界中の人々に感動と希望を共有してもらえるスポーツの祭典へ、与野党を超えて全力でとりくむことが重要です。

民主党政権時からの私の宿願であった障害者差別解消法を、先の国会で成立させることができました。ただし、障害者差別を禁止する本来の目的には、未だ遠い現実も直視しなければなりません。

その目的、目標に近づく大きな一歩として、そして、それは私の持論でもあるのですが、オリンピック・パラリンピック開会式の「合同開催」実現を、何としても追求したいと、改めて気合いを注入したところです。

 

20130915

2013年9月13日 スポーツ振興労第10回定期大会 - なたにや連帯あいさつ