ホーム > 活動報告

なたにや正義の活動報告

2016年11月22日

総務委員会で質問(11/22)

dsc02111_web

 

参議院総務委員会で質問に立ちました。

 

本日の審議は一般質疑が行われ、(1)人事委員会報告・勧告、(2)臨時・非常勤等職員の任用・処遇、(3)障害者グループホームにおけるスプリンクラー設置について、高市・総務大臣、文科省、消防庁の見解を質しました。

 

17日の文科委員会での質問でも取り上げましたが、今年の人事委員会報告で教職員の長時間労働が指摘・言及されている府県は33にものぼります。年々増加しているこの現状について、あらためて高市総務大臣に見解を質しました。
また、臨時・非常勤教職員の任用・処遇については、「空白期間」の問題等、処遇の改善に努めるよう、総務省、文科省を質しました。

 

法令により障害者グループホームのスプリンクラー設置問題は、全ての施設にスプリンクラー設置が義務化されたことで、様々な問題・課題が指摘されている点について、取り上げました。

 

教職員の多忙化解消、スプリンクラー設置問題と双方ともに、また機会を見つけて政府の見解、認識を質していきたいと思います。

 

議事録(PDF)はこちら

中継の動画(YouTube)はこちら

 

dsc02116_web